吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS モンゴルの狼

<<   作成日時 : 2009/09/18 20:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、
モンゴル国商工会議所・日本会頭のU.ウルジさんにお会いしました。
日本に滞在するモンゴルの若者たちに「日本のお母さん」と慕われている素敵な女性です。
(お母さんと呼ばれていらっしゃいますが、若いんですよ。)

そう、ウルジさんを紹介してくれた友人によると、
あの朝青竜もウルジさんには、頭があがらないとか。
(二人の姿を想像すると、なんだか、心がホッコリしてしまいますネ)

ビジネスの話が中心でしたが、
楽しい、ひとときを過ごすことができました。

印象に残ったのは、やはり、オオカミのお話。
「日本の人たちは、オオカミ食べてくれませんかね。
いっぱいいるから、輸出できるのだけど。」
「!!!」
さすがモンゴル!!って感じでしょ?

モンゴルでは、オオカミ狩りを趣味にしている人がいまでも多いのだとか。
確かに羊の天敵ですから、遊牧民族としては害獣ですものね。
でも、食べているとは!
(中国では確かに赤犬を食べてたっけ)

「オオカミと出会うということは、
その人が幸運に恵まれているということなんです。
オオカミと出会うと、
オオカミからパワーをもらえるとも信じられています。」
なるほど、
だから、モンゴル国の男たちは、オオカミ狩りに行きたがるのですね。

そう言えば、
モンゴルと言えば、「蒼き狼」(ボルテ チヨノ)と呼ばれたチンギス・ハーンの国ですものね。

僕からは、
生きたオオカミなら欲しがる動物園はあるでしょう。
それより、羊の肉の方が需要が増える可能性は高いと思いますよとアドバイス。
う〜ん、我ながら無難すぎる!!(ノンスタイル・石田君風に)

モンゴルは、
中学生のころ開高健さんのエッセイ(多分「オーパ、オーパ!!」だったかな?)を読んで、
遥かなる草原にあこがれた地。
まだまだ、アイデア段階とは言え、調査中のプロジェクトが動き出し、
モンゴルのフフ・テンゲル(蒼穹)を眺めることができれば良いのですが。

そう言えば、思い出しました。
僕の妹はモンゴルでラクダから”落駝”し、
僕の娘は雪原の中、吹雪のために3日間行方不明になりました。
さて、僕にはどんな経験が待っているのでしょうねえ?

○モンゴル国商工会議所・日本
http://www.mnccij.org/event/event20070910_1.html

○「オーパ・オーパ!!モンゴル編」/開高健/高橋昇









チンギスハーン 蒼き狼と白き牝鹿 4 パワーアップキット
コーエー

ユーザレビュー:
最初はいいが後は暇こ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

新日本紀行/冨田勲の音楽
BMGビクター
東京交響楽団

ユーザレビュー:
「新日本紀行」のテー ...
色々な番組のテーマ曲 ...
冨田勲さんありがとう ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

講談社版新シルクロード歴史と人物 (第9巻) (講談社DVD BOOK)
講談社
長沢 和俊

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンゴルの狼 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる