吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風一過

<<   作成日時 : 2009/10/09 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

出張先の山梨で台風情報を見ると
故郷和歌山を直撃するとのこと。

強力な勢力の台風だったこともあり、
年老いた母親だけでは何もできないだろうと、
仕事を終え東京へ戻るやいなや
すぐに和歌山へと向かいました。

幸い電車が動いていたので、何とか夜に辿り着きました。
(後で知ったのですが、
僕が乗った特急列車がその夜動いた最後の列車だったとか)
激しい雨が降り続く中、
家の周りの整理と強化に2時間ほどかかりましたが、
暴風域に入る前に何とか終了。

おかげで、
家の被害はわずかで済みました。
帰っていなかったら、大変だっただろうなと改めて思いました。

農場の被害は結構甚大で、
旧い高い樹は根こそぎ倒され、
若い樹も根が浮いてしまったり、地中で切れていたり、
枝がおれたものもたくさんありました。

みかんの果実は落下しにくいのですが、
相当傷ついています。
柿の実は、すべて落下していましたから、
柿やリンゴの農場は壊滅的な被害を受けたかもしれません。
冷夏とここのところの雨続きで
稲刈りが遅れていた米農家も大変な状況だろうと思います。

女王様によると、
街の中には、
竜巻が起こり通り過ぎたような跡も残っていたそうで、
直撃された小学校では窓ガラスが粉々に割れ、
周辺のマンホールのフタが何カ所も飛ばされていたそうです。

明日は、
村の秋祭りの宵宮なのですが、
僕は朝から農場の後始末に追われそうです。

それにしても、
強力な台風が急に増えだしたような気がします。
ある気象学者が、
「日本の亜熱帯化が進んでいるのではないか?」と尋ねられ、
「亜熱帯化ではなく、熱帯化が進んでいるのです。」と
やけにきっぱりと断言したことが思い出されます。

実は、農業に携わる者はみんな、ここ数年の間、
”温暖化”を様々な場面で目の当たりにし、直面する現実の問題として感じています。
しかし、
東京のビルの中でしか暮らしていない”経済界”の方々は、
そうした実感を持てないでいるのでしょうね。
「90年比CO2削減25%」という首相の低減に、
ぐちぐちと反対している”ヒマ”など
既にないことに彼らは気づいていないようです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風一過 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる