吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議な一年

<<   作成日時 : 2009/12/27 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年も残りあと4日となりました。
振り返ってみれば、
僕個人にとっても、”怒濤のような激動”の一年でした。

ヘッドハンティングによる転職、
政府の事業仕分け人への起用、
様々なプロジェクトの立ち上げ、
それらに加えて、
プライベートでもいろいろなことが起こりました。

でも、
本当のところは、
あまりこの”変化”を実感できていないのです。

何と表現すれば良いのでしょうか?
確かに環境は大きく変わったのは事実なのですが、
僕自身の考え方や行動基準、生き方が、
これまでとまったく変わっていないので、
変化によるストレスや違和感というものをほとんど感じていないんです。

今回の転職が、”自然な選択”であり”流れ”だったということの証なのかもしれません。
また、新しい職場や同僚にひじょうに恵まれていたということかもしれません。
「本来、いるべき場所に戻った」という感覚なのかもしれません。
仕事は何倍も忙しく、厳しいものになったのですが、
精神的なストレスは、本当に激減しちゃいましたから。

口さがない友人Kは、
「前いた官の世界が、
おまえさんにとっては、
あまりにも、次元の低いつまんないことが多かったということなんじゃないの?」
と言います。
(確かに……いやいや、そんなことはないですよ。)

女王様は、
ベトナム土産のハス・ティーを飲みながらこう曰われました。
「他人との相対(比較)でしか、自分の存在価値を見出せない人たち、
つまり井の中の蛙たちっていうことなんだけど、
そんな志の低い人たちの中では、
あなたみたいに目立ちやすいタイプは、
卑劣な中傷や、ひがみ、妬みの恰好のターゲットになるしかなかったでしょう?」
(確かに…いやいや、そんなことないですけど。)

「でも、あなたが飛び出したとっても広い世界には、
視野の広い人、確固たる価値観を持った人、すっごく有能な人ってたくさんいらっしゃるから、
志の高さや能力、成果をきちんと正当に評価してもらえるわけ。
だから、周りから見ると大丈夫?って心配するくらい忙しそうなのに、
あなた自身は全然忙しいとは思ってなさそうだし、(ハイ…)
とっても毎日が楽しそうだもの。」(えっ!、そんなに楽しそう…ですか?)

本当に、怒濤のような環境変化だったのに、
自然体で、楽しく、穏やかに過ごせた不思議な一年でした。
森羅万象、生きとし生けるものすべてに
心から感謝…です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不思議な一年 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる