吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS WEEK END

<<   作成日時 : 2011/01/19 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2週間にわたる出張の日々が先週の土曜日にやっと終わりました。
変わって、今週は東京で会議と講義の日々が続いています。

先週後半は、熊本にいたのですが、
仕事が終わり、地元の生産法人の社長さんや関係会社の人たちと一緒に
熊本市の繁華街へと飲みに出かけました。

帰り際、
もう一軒紹介したい店があると誘われ、
立ち寄ったのがかの”キャサリンバー”。
そう、タレントのスザンヌさんのお母さんことキャサリンさんが経営する立ち飲みバーです。

週末ということもあり、お客さんが一杯!
でも、幸いに、キャサリンママとマーガレットさんに会うことができました。(笑)

そして、
同僚のAさんの「太平燕(タイピンイエン)が食べた〜い。」という一言で、
みんなで近くの中華料理店へ行きました。
僕ははじめて食べたのですが、美味しかったですよ。

そう言えば、Aさんに、
「一軒目の店で、女の子たちが、『熊本は週末人が多いんですよ。』と言ってたんですけど、本当ですかね?
ふつうは、土曜日とか日曜日に飲みに出て来ないでしょ?」
と聴かれました。

いまは、週末っていうと”金曜日の仕事終わり”というニュアンスで使われていますが、
海外では、WEEK ENDって、土曜日と日曜日の間(土曜日の夜)っていうニュアンスで、
用いられているんですよね?確か…?

「ああ、その週末ってきっと金曜日の夜っていう意味だよ。」
「えっ?そうなんですか!?」
そうなんです。才媛のAさんは、実は、帰国子女なんです。

そんな週末も、あっという間に、遠い日々となってしまいました。

そして、権力と権力、欲望と欲望の渦中に…いる日々。
そんな中で、関係団体の幹部や政治家の方々と会うごとに、
僕の心から伝えようとしているのは…、

「この国の状況は、
もう、立場や権益にしがみつき、対立している場合じゃないところまで来ています。
責任を他人に転嫁する人々の声ばかりが、大きい国に未来はありません。

もう、責任を他者に押し付けるのはやめにしましょう。
自分の未来に、自らが責任をとる覚悟のできた者同士が、
力を合わせなければ、この国はこの大転換期を乗り越えられないのではないでしょうか。

時代の変化の中で、あなた自身の未来を失いたくないのなら、
現状にしがみつき、変化に反対を叫び、国に助けを求めるのではなく、
未来に向けて、自らが変わるほか道はないのです。

他の誰でもなく、あなた自身がどう生きるのか、どの道を選ぶのかを決めるのです。
あなた自身の決断と新たな行動が、いま、問われているのです。」

元来、怠け者の僕には、こんな日々は結構なストレスです。
おかでかゆみのある湿疹は出るは、唇は荒れるは…。
寝不足と栄養不足かな?

いまの僕を支えているのは、心の奥底の声に逆らわず、無私に生きるという、
17歳の青二才の時の決心と
それを未だに守り続けるご先祖様譲りの何だかよくわからないこの頑固さだけなのです。
(この頑固さは、本人の意思と関係なく、ホント頑固です。(笑))

この国を守りたいという頑固な僕とは別の怠け者である僕の望みは、
週末に早くたどり着きたいということだけ…です。

♪僕と彼女と週末に/浜田省吾
http://www.youtube.com/watch?v=LPDeB8gqXfU



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WEEK END 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる