吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島県・茨城県の農産物

<<   作成日時 : 2011/03/20 22:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

予想どおり(哀しいことですが)、
農作物の放射能汚染に対する過剰反応が出ています。
福島県・茨城県産の農作物や酪農製品を全面的に取り扱わないといった方針を
早々と打ち出すところが出始めたのです。

僕たちがかたちづくるサプライチェーンでは、
生産者も流通事業者も、
取扱い農作物の安全管理については、普段から徹底して行っており、
今回の放射能汚染問題についてもその基本姿勢は変わりません。

危険なものは取扱いできないのは当然ですが、
安全が確認されたものについては、
取り扱つかって行くというのが基本的な考え方です。
(当然ですよね。)

この方針を仲間と確認し、供給先にも理解を求めています。
もちろん供給先から断られる場合もあるでしょう。
それでも僕たちから理由もなく取引を自粛するようなことはしたくないと思っています。

風評被害は、
情報の不足から生じるものですが、
現実には消費者というよりも、
販売する側のこうした対応が風評被害を拡大させているのではないか?
そんな現実を目の当りにして心が痛みます。

被災しながらも必死で生産を続けている生産者が、
安全な農作物をつくりながら、それを畑に捨てるしかないという
ばかげた状況に追い込むようなことをしないで欲しいというのが切実な願いです。

取引自粛したところにも被災されている社員、ご家族がいるはずです。
また、義捐金や物資などの支援もされているはずです。
なのに一方で、
自ら風評被害を拡大するような対応をするのは…どうなのでしょうか?

消費者のみなさんには、
「福島産、茨城産を取りつかっていません」という貼紙を貼ってあるようなお店ではなく、
「安全な福島産、茨城産を取りつかっています。みんなで応援しましょう。」
という貼紙を貼ってあるお店をぜひ利用して欲しいと思います。

いま必要なのは、
苦しむ人たちと少しでも痛みを分かち合い、
未来への歩みともにする行動のはずです。

冷静に、そして心ある対応が求められています。

茨城県HP(分析結果が掲載されています)
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110320_03/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島県・茨城県の農産物 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる