吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 島の農業

<<   作成日時 : 2011/07/17 22:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

石垣、西表の島の旅から戻って来ました。
島の農業ビジネスって厳しいだろうなと思っていたのですが、
いくつかの改善点で可能性があるのではないかと思いました。

画像

一つは、
肥料設計、施肥設計です。
今の半生の畜糞中心の施肥体系では、土壌成分がアンバランスになっているはず。
地力の向上も保持も難しいだろうと思います。
正しい有機堆肥と土着菌を中心にした肥料設計に改善することによって
保水性、保肥性を高めることは十分可能だろうと思います。

画像

二つ目は、
灌水の方法です。
今のスリンクラーでの灌水を、地上ホース灌水に変えるだけでも随分違うはずですし、
保水性成分を鋤きこむだでも大幅な向上につながるでしょう。

野菜や果菜については、路地で8ヶ月(240日)間の収穫が可能ですし、
米も年2回の作付けが可能です。
できるだけ、生育期間の短い作物を選択し、
毎日定植、毎日収穫という計画栽培をすれば十分な反収が確保できるでしょう。

画像

夏場の野菜栽培については、品目の選定が重要となります。
また、低コストを実現する火力発電の排出余熱を利用した減温ハウス、
あるいは、遮光・痛風による定温ハウス、海水、川水を利用した減温パイプハウスなどが考えられます。
また、標高200mから300mの農地の活用などの方法が可能だろうと思います。

市場については、沖縄県内と台湾、中国を至上として想定する必要がありますね。
日本本土はメインの市場と考えない方が良いのではないかと思います。
もし、地元から依頼があれば、真剣に取り組んでみたい案件ですね。

何しろ、海がきれいで、食べ物も美味しいですから。
仕事の合間にカヌーに波乗りが楽しめますし(笑)

画像

画像

画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島の農業 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる