吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS コメの先物取引

<<   作成日時 : 2011/08/09 11:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、コメの先物取引市場での試験取引が始まりました。
震災や豪雨によるコメ不足を懸念した個人投資家からの買い注文が殺到し、
結局、値がつけられなかったようです。

個人投資家のみなさんが、
コメ在庫など農業事情を熟知していないことが図らずも明確になったということなのでしょう。
逆に言うと、これまで、コメの流通がいかに不透明だったかということを証明したということでもあるのでしょう。

基本的には、
コメの価格形成の透明化を図るのが目的ですし。
生産者にとっては、デメリットよりもメリットの方が高く、
多くの人がコメを通じて農業の実態を知り、コメ流通のブッラクボックスをなくすためにも良いことだと思っています。

先物取引については、
主食であるコメの乱高下を招くから反対だという人たちもいます。
これまで、自らの手数料収入を守るために、意図的にコメ価格を引き上げようとして来た人たちが、
そんなこと言えるのかどうか甚だ疑問ですが(笑)

国際市場では、穀物の需給状況に応じて、
主食である小麦やコメの価格が上げ下げするのが当然だと認識されています。
これまで、自分たちの意図で国内のコメ価格を決めることができたと思っている人たちにとっては、
既得権益を侵された気分なのかもしれません。

国内外の投資家の投機マネーで、マネーゲームの場になると言う人もいます。
確かに、国際市場では、局所的にそういう事態もありました。
でも、マクロで見れば、需給状況でトレンドが決まっているのが現実です。
それに、わずか国全体で800万tの需要しかなく、閉鎖的な日本の市場に、
投機マネーが流入することは今のところ想定できないですよね。

いずれにしても、試験的な市場ですから、今後様々な修正も必要でしょう。
また、市場開放時のことも想定して、関係者が準備をすることも必要です。
既得権益を守りたい人たちには、自分たちの利権だけではなく、
あくまでも生産者と消費者の視点からどうあるべきかを考えてもらいたいと思うのですが、
それは、やはり無理な注文なのでしょうか?

(ただいま移動中)










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメの先物取引 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる