吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅人達

<<   作成日時 : 2012/02/05 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

金曜日は、ある生産法人を訪ね、
社長と営業担当お二人と意見交換。

いつものこととはいえ、2時間を超える実のある意見交換となりました。
今後、協働で様々な取り組みができそうです。

社長曰く、
「最近はメディアの取材や商社の訪問が多いんですが、
現場のことをなかなか理解してもらえない。
表面的なとらえ方があまりにも多いなと感じていたんです。
商社の人は私たちは何をしたらよいのでしょうかと聴きに来るし(笑)」

「そうでしょうね。
メディアの取り上げ方がおかしいのです。
それで自分は凄いんだ有名なんだと勘違いしてしまい、はしゃいでしまう経営者も多いんです。
僕たちはカンブリア症候群って呼んでいます。(笑)
商社をはじめ流通業界にも農業をきちんと理解できている人間はほとんどいません。
小会社の現場には多少いるのですが、彼らの意見を本社の管理部門は取り上げないのでしょう。
だから育たない。」

「6次産業化にも疑問を持っています。」

「補助金はもらえるものならもらえば良いのでしょうが、
絶対に設備投資や事業拡大に借金をしてはいけないと生産者には言っています。
農業を理解していないコンサルの言うブランド化なんてものは、
決して本当のブランドではなく、一時的なブームでしかないですから。」

「周辺地域の離農者の増加で、
今後、更に経営規模を拡大する必要がありますが、
今の直売、直販体制で行けるかどうか疑問なのです。」

「管理経費、固定費が膨大なものになって来ますよね。
一部を中間流通を介した販路に振り向けるなど、
サプライチェーンを組む企業との連携や他の生産者、生産法人との連携で、
機能補完をした方が良いと思います。
個々にではなく、サプライチェーンの中で誰がコストやリスクを負担した方が、
サプライチェーン全体のコストが下がり収益性が向上するのか、
みんなで一緒になって考えることが大事なのです。
そうすればコンサルに法外なお金を払う必要もないですしね。」

などなど、実質的なお話ができました。

最後に、若い営業責任者のA君が、
「今日は、日頃悩んでいた問題について、その解決に向けてのホントをいくつも頂きました。
ありがとうございます。
それよりも、僕はあなたという人間に興味を持ちました。(笑)」

それを聴いた社長が、
「本当に、本役人らしくも、商社マンらしくないですよね。(笑)
組織には向いていない人だ。(笑)
政治家になって、僕たちに明確なビジョンを示して欲しい。」

「アハハ、光栄です。
でも、絶対にイヤです。(笑)

実は、今までもそんな話が幾度かありましたが、もし、選挙に出るなんて言ったら、
即、離婚されてしまいますから、断固断っています。(笑)
それに、若いころに政治家の秘書をやった人間は、二手に分かれるんです。
甘い蜜の世界だけを見た人間は政治家をめざし、
その裏の暗闇、政治家の孤独や家族の崩壊まで見てしった人間は政界から距離を置くのです。
もちろん僕は後者です。」

今後も定期的にお会いし、連絡を取り合って行くことになりました。
また、楽しみな仲間が増えました。

未来へと立ち向かう気高き旅人達をまた見つけた。
そんな感じです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅人達 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる