吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 契約交渉

<<   作成日時 : 2012/05/14 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日もさわやかな一日(ちょっと暑かったかな?)でした。
心地よい筋肉痛を感じながら出勤。

で、朝から契約交渉。

契約年数は単年か複数年か?
契約年俸は現状維持か増額か?
とまあいろいろと駆け引きのしようはあるのでしょうが、
僕はあくまで自然体。
(欲がなさ過ぎ?)

当然、支払う側の交渉担当者は、よほどのことがないかぎり先ずは現状維持が狙い。
「今の年俸は業界でも破格のレベルでして…」とか何とか、いつもの粘り腰です。(苦笑)
僕の方はというと、淡々と笑顔で対応。
もちろん、希望は希望として一応お伝えしていますが…(^-^*)

担当者は会社員ですから、
まあ、年俸は上げない方が、上の覚えも良く自分の評価にも傷がつかないだろうと、
どうしても無難な考え方になるのは仕方がないわけです。

こちらは、一応プロとしての道を選んだものですから、
条件が合わなければ、ほかに移るしかないという覚悟は当然していますから、
淡々とクールな姿勢で交渉に臨めるものなのです。

評価は自分ではなくて、相手側がするものですから、
熱いアピールや姑息な駆け引きなど最初からするつもりはありません。
自分自身、きわめてクールに
自分の実績や貢献度、それに会社側の評価具合を客観的に自己評価していますから、
滅多には起こらないのですが、
もし、仮に相手側の評価と自分の考えとが大きく乖離した場合には、
結局、「去る」という選択しかないわけです。

若いうちは、自身過剰になることもあるのでしょうが、
僕のように艱難辛苦を経験し慣れていると、
どうしても疑い深く^.^;、いや、謙虚になってしまいますから(^_^)
自信過剰になることはないですね。
何しろ、自分の能力と人脈しか売り物がないわけですから、
自分を誰よりも客観的に評価できなければ、自分をうまく売ることができないわけです。

女王様曰く
「謙虚が一番、謙虚に要求を通しなさい。」
「はい…(難しいヨ!)」

さて、結果は?
…もちろん内緒です。(^_^)

この契約交渉が重要なのは、もちろんお金を稼ぐということもありますが、
評価を受けていかにモチベーションを高められるかという点にあると実感しています。
プロとしてのやり甲斐とか誇りにとっては、
いくら稼いだということよりも、
自分がやりきったと思える実績を残すことと、
それを正当に評価してもらえたという事実の方が遙かに大きい要素なのです。

欧州では、海を渡った若きサムライ・サッカー選手たちが、
契約交渉、移籍交渉のまっただ中です。
ドルトムントの香川君はどんな決断するのでしょうね。
我が事のように興味津々です。(年俸は一桁違いますが(>_<))

♪FIFA 2002WORLD CUP ANTHEM
http://www.youtube.com/watch?v=FriB8kWqyVM







サッカー代理人 (日文新書)
日本文芸社
ロベルト 佃

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカー代理人 (日文新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
契約交渉 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる