吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS さよならドビュッシー

<<   作成日時 : 2012/06/18 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「さよならドビュッシー前奏曲」/中山七里

車椅子の老人が主人公の探偵物です。
主人公の心象風景に共感できる年齢になってしまったことに気づき、
ちょっとショックを受けています。(;^_^A

「あの人に敵が多いのは多分、
他人の持っていない何者かを持っているせいでしょう。
己の持ち得ないものを手にした人間に向ける感情は
称賛かやっかみ混じりの敵意でしかないのですからね。」
その中で「加納弁護士」が主人公を評した言葉です。

これもまた、と〜ってもよくわかります。ヾ(- -;)

僕が転職した理由の一つも、
きちんと評価し、称賛すべきは称賛してくれるという
普通の人たちがいる場所を求めたからですものね。

きちんと評価する人より、
嫉妬から悪意に満ちた中傷をする人間の方が圧倒的に多いというのは、
閉鎖的な日本の田舎や組織に共通の風土なのかもしれません。

「本気を出すとな、
裸のそいつが見えてくるもんや。
本気を出すのを嫌がる奴らは、きっと裸の自分をさらけ出すのが怖いんやろうな。
しかしな、どんな馬鹿らしいことにも全力で向かっていけば
裸の自分以外にもっと色んなものが見えてくる。」
これは主人公香月玄太郎の言葉です。

確かに、覚悟を決めた本気、愚直なまでの勇気、
これらは前にいたお役所では、
僕以外には、誰も知らない言葉だったように思います。(▼-▼*)

多分、それらの言葉は、
保身、責任転嫁、嫉妬という言葉で塗りつぶされていたのかもしれませんね。

ヾ(~∇~;)コレコレ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さよならドビュッシー 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる