吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕分け

<<   作成日時 : 2012/10/31 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月に行われる事業仕分けへの参加依頼がありました。

2009年の第1回事業仕分けにいわゆる”仕分け人”として、参加して以降、
毎回のように要請があるのですが、
実は、第2回、第3回への参加依頼は会社と相談の上、お断りしました。

お断りした理由は、
メディアの扇動もあって、”予算を切って余剰財源を生み出す”ことが事業仕分けの目的かのように
思われる状況になってしまっていたからでした。

本来、事業仕分けは、
決算と事業実績を客観的に評価し、
翌年度の予算づくりをより適切で効果的なものとするために行われるものです。

これまで、予算については議会などで議論されても、
決算については形式的な審査しかされなかったために、
効果の無い予算も無駄に使われてしまったことへの反省に基づいて、
生み出された方法なのです。

今回は、震災復興絡みでもあり、
本来の仕分けの目的に近いかたちで行われるようですので、
正式な依頼があればお受けしようかと考えています。

ちなみに、
仕分けも含めて、いくつか政府の委員会や分科会などの仕事を引き受けているのですが、
いずれも、報酬や旅費など一切受け取っていません。
これは、僕個人の思いもあるのですが、
現在所属している会社の”所期奉公”という社是によるところが大きいですね。

ヘッドハンティングで今の会社にお世話になることになったのですが、
仕事を通じての国家貢献、社会貢献について、
これほど真摯に本気で議論し考える会社は珍しいのではないかと驚きました。
こうしたカルチャーがあるから、
政府関係の公務を引き受けることも”業務”だとみなされるのでしょうね。


話は、逸れますが、今回思い出したことがあります。

第1回目の事業仕分け人(評価委員)に選ばれたときに、
前の職場の一部の人たちが、僕がある大学教授のコネで選ばれたんだというような噂を流したそうです。
本当は、事業仕分けという手法の開発者の一人であるという理由で、
行政刷新会議委員の方から直接指名を頂いたのですが(^_^;)

さらに、2回目の事業仕分けを断ったときには、
同じ人たちが、「そらみろ、やはり力がないからハズされた」と言いふらしていたのだそうです。
もっとも、依頼を断ったことを政府と会社の人以外は知りませんからね(^_^;)

それにしても、
いい年齢に達したおじさんたちが、嫉妬心から他人を貶めるようなことを言いふらすのには、
ほとほと、あきれてしまい、思わず笑ってしまったことを思い出します。

自分(の自尊心を守るの)に都合の良い憶測や嘘をでっちあげ、他人を中傷する。
そんな、人格を疑われるような卑しい言動をそれなりの肩書を持った人たちがしてしまう。
人間の嫉妬心というものは本当に恐ろしいものです(>_<)
確かに、仏教で言うところの随煩悩の一つですものね。

”本気で仕事をする人間、覚悟を決めて生きる人間は、他人の噂など決してしない”ものなのですが。
自分の姿をありのまま捉え、絶えず謙虚に自己評価(反省)し、
自分を高めるために精進する人間は、
他人に嫉妬などしない、というより、まず他人を評価しようとなどしないものです。
いや、そんなヒマなどないというのが現実かな。

どうしても他人のことが気になるという人は、
まずは、自分の心の中の煩悩を仕分けすることが大切ですね(^_^)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕分け 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる