吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅の収穫

<<   作成日時 : 2013/06/15 21:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

やっと雨らしい雨が降りました。
ひまわりの葉の上で息も絶え絶えだったアマガエルも元気に飛び出して行きました。

雨は午後からだったので、
遅れていた南高梅の収穫も無事完了。
大阪から手伝いに来て下さった娘の友達夫婦も梅の収穫体験に満足してもらったようです。

帰りには梅以外にも、
ズッキーニ、ジャガイモ、ブルーベリー、スモモ、レモンの苗木と
自家製野菜を持って帰ってもらいました。
これも、田舎の物々交換による”おすそわけ文化”の体験です(*^m^*)

流石にサウナのような暑さの中での農作業で疲れましたが、
昼寝もし、手術以来もう一つだった体調も戻りそうです。

午後からは、大好評の青梅の砂糖漬づくりを始めています。
今夜中には何とか漬け込めるでしょう。
出来上がる3か月後が今から楽しみです(ミ ̄ー ̄ミ)

夜には、娘夫婦も揃い、我が家は英語と日本語のチャンポン状態。
明日は黒竹の苗の定植をしてから東京に戻る予定です。

そう言えば、
娘の友達夫婦も、娘夫婦も、都会で暮らしながら田舎が大好き。
彼らは、心や体のバランスを取り戻したり、
見失いがちな自分の心の思いを取り戻すために、
田舎に来たくなるのだと言います。

僕もそんな一人ですから、
こうして時々来てもらえるのは、こちらにとっても刺激になり、
世代を超えて一緒に楽しい時間を過ごせます。

世の中には、都会の虚飾に満ちた世界に居心地の悪さを感じる人もいれば、
そんな虚飾性などには気づかず、違和感を憶えることもなく、
お金や地位や肩書、コマーシャリズムにかたちづくられた幸せな暮らしに満足する人々もいます。

この構図は、多分、都市が生まれ、文明が生まれた何千年も前から変わらないのだと思います。
そんな歴史の中で、僕たちが忘れてはならないことは一つ。
ひとは生まれ、そして死んでゆくと言うこと。

宇宙の中でほんのわずかな瞬間を生きる僕たちにとって、
何に、自分が生きたという意味を見出せるのか、その「何」の違いなのかもしれない。
そう思うのです。

絶えず、大地、空、宇宙、生きとし生けるものの存在を感じていたいと願う人もいれば、
短い人生だからこそ、名を残したい、富を手にしたい、快楽をむさぼりたいと熱望する人もいるのです。
人というのは、本当に興味深い生き物だとつくづく思います。
人間は、確かに呼吸をし食事をする動物であることに間違いはないのですが、
他の動物に比べて、
より心で生きる動物、心で死ぬ動物になったのだと思うのです。

♪たしかなこと/平原綾香/小田和正
http://www.youtube.com/watch?v=YTqryxDU3RI

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅の収穫 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる