吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 成事は説かず、逐事は諌めず、既往は咎めず

<<   作成日時 : 2013/10/16 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

明日は、ある県庁で、幹部職員のみなさんを対象にした講演です。
自治体の仕事もいくつかお手伝いさせて頂いていますが、
農業ビジネス以外での依頼は今回が初へのめて。

民間と行政の組織風土の違いについて講演してくれとの依頼です。
役人を辞め転職して以降も政府の委員などの仕事はお引き受けして来たのですが、
国の政策については考えて来たものの、
行政組織に対する関心はまったくと言ってよいほどなくなっていたものですから、
何を話して良いのやら少々とまどいました。

講演を依頼されて、何を話して良いのかイメージがわかないことなどほとんどないのですが、
今回のテーマは、まったく関心がなかったことだったので、
僕の心の中に、伝えたいこと何も湧き出て来なかったのだと思います。

役人だった頃は、行政組織の在り方にいろいろな想いもあったはずなのですが、
転職する際に、すべて心の中で整理してしまったのでしょうね。
振り返れば、恬淡とした気持ちで辞めましたから、思い残すことなど何もなかったのです。

正直に言えば、お役人、お役所に対しては、どこかあきらめに似た気分があります。
改革など無理だろうと言うのが率直なところです。
かと言って、学者や評論家のようにお役人や役所を一方的に批判する気持ちもありません。
そもそも組織の目的も、しくみも違うのですから、
それに応じた風土というものができてしまうものなのですから、仕方ないことです。

ただ、求められれば、現場の状況やニーズについてお話をしますし、
国家、社会、国民のためになるのなら協力はおしみません。
また、お役人も一人一人は僕たちと何ら変わらない人間ですから、
彼らに少しでも問題の本質実に気づいてもらえたらという思いもあります。
でも、熱い気持ちにはなかなかならないのです。
孔子爺の言う「成事は説かず、逐事は諌めず、既往は咎めず。」という心境なのでしょうかね。ァハハ・・(・∀-`;)

さて、何かを伝えたいと思う熱い気持ちが明日になれば多少なりとも湧き出て来るのでしょうか?
我がことながら、少々、不安です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
成事は説かず、逐事は諌めず、既往は咎めず 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる