吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS いい加減に

<<   作成日時 : 2014/06/27 22:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

嗚呼、またかよ。
うんざりだよ〜ということが最近ありました。

新大阪で久しぶりに和歌山在住の友人と会ったら、
「K大学のS先生の紹介で転職したんやって?」と…もう、うんざり。
前に在職していた役所の連中がいまだに言いふらしているらしいのです。

何も知らないのに、こんなことを言いふらすというのは、
結局、いやらしい嫉妬心を持っている証拠なんですよね。
要するに僕の能力が認められての転職ではないと言いたい、つまり自分がそう思い込みたいわけでしょうね。
本当に、何というか、低次元(失礼)、人格的にも卑しい(失礼)、寂しい人たちだなあと思ってしまいます。

シビアな一流企業が、そんな紹介だけで、高い報酬を支払ってまで人を雇うわけないでしょ。
ちょっと考えればわかるはずなんだけどなあ。

コネで採用や昇格をできると思って処世術ばかり考えていると、
ほかの世界も自分たち同じ次元だと考えてしまうのでしょうね。

僕をヘッドハンティングするよう会社に働きかけたのは、
僕が研究所時代に一緒にプロジェクトにかかわった企業の若い世代と中堅世代の社員たちです。
その後、厳しい調査と審査があって、会社としてヘッドハンティングを決めたというわけです。

当時、会社からは社会的に高いステータスを持つ10人の知人をリストアップして下さいと言われました。
その中から、2〜3人の方を選んで僕の評価を聴きに行くというのです。
残念がら、そのリストにはS先生を載せませんでした。
何故ならリストアップするのは農業関係者ということだったからです。

後で聞いたら、
結局、当時の全農の幹部をされていた大先輩と外資系金融機関のトップをされていた大先輩のお二人が選ばれたんです。
「よくあんな変わり者を見つけたねえと言っておいたよ(笑)」なんて本人たちから冷やかされました。
また、当時、同じように6社からオファーを受けていて、
今の会社から正式な申し出を受けた後、結局、頂いた仕事の内容で決めたというのが事実なんです。

わかりましたか〜和歌山のみなさん。
いい歳こいて、いまだに嫉妬で他人を中傷するような、寂しい地方役人たちの言葉を信じちゃいけませんよ〜。

本当に、もういい加減にしてほしいなあ。(苦笑)


というわけで、こんな時は、美しい音楽でも聞きますか。
Sinead O'Connor - Molly Malone
http://www.youtube.com/watch?v=3ouqhCtIh2g&index=5&list=AL94UKMTqg-9CkqUPl7Qjqzk9QPJrxnl0W




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いい加減に 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる