吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS ホテルにて

<<   作成日時 : 2011/01/13 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

久しぶりに仕事で紀南地方へ出かけました。
友人たちと旧交を温めるために串本で一泊することにしました。

電話で串本ロイヤルホテルに予約を入れたところ、
「ところで、どうのようにして私どものホテルをお知りになったのですか?」
と尋ねられました。

宿泊担当の方は、
多分、雑誌、インターネット、口コミといった答えを期待していたと思うのですが、
残念がら、答えは…。
実は、昔々このホテルの立地に直接か関わったことがあったのです。

もう、二十年前になるでしょうか、
正月明けの2日か、3日だったと思うのですか、
朝突然自宅に、
南部ロイヤルホテルの建設プロジェクトで、
知りあった大和ハウス工業の部長さんから電話がありました。

「いま、うちの会長から連絡があり、
串本にホテルを建てるから土地を探せというのです。」
「えっ?また、急に、しかも串本なのですか?」
「どうもお正月のテレビ番組で、
橋杭岩とか串本の美しい風景が放映されたのを見たらしくて…。」
「!!…。流石、会長さんらしいですね。(苦笑)」

「で、次の日曜日に、ヘリで現地を見に行きたいと…。」
「えっ!!そんなに急いでいるのですか?」
「何とかならないですか…ね。」
「う〜ん、ちょっと待って下さいよ。串本で、景色の良いところですよね…。
あっ、ありました。面積が○○m2くらいで、
高台の見晴らしの良い企業誘致用地が確か1区画残っていたはずです。」
「本当ですか!!」

ということで、次の日曜日の朝、
僕は、独りでヘリの到着をその高台で待っていたのです。
その場所に、僕が泊まる串本ロイヤルホテルが建っているというわけです。
考えてみれば面白い話ですよね。

このエピソードははしょって、
「実は、立地のときの担当者だったので、
当時の○○部長さんにはお世話になったのです。」と簡単に答えると、
「そうでしたか、では、私どもの紹介客ということで、予約を承ります。」とのこと。
もう20年も経っているのに、本当にありがたい話です。

旧友たちや地元の若者と楽しいお酒を飲み、ぐっすり眠った翌朝、
窓から眺めた、大島、橋杭岩、輝く太平洋の景観は圧巻でした。

画像

2008年のトルコ大統領の訪日時の、
和歌山県内の警備責任者としてこのホテルを訪れて以来でしたが、
スタッフが一生懸命運営に工夫を凝らしているのもが各所に滲み出ていて、
とてもほほえましく、好ましいホテルになっていたのが、
何とも言えず、うれしいですね。

その時に、大活躍してくれた
当時の部下たちのことも懐かしく思い出しました。
みんな元気にしているのかなあ?
今は別世界に生きることになったのだけれども、
あの時は御苦労さまでした!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ネットができる宿|白浜温泉でホッコリ】串本ロイヤルホテル
橋杭岩を見に行くのに便利。 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2013/04/26 22:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホテルにて 吉田誠〜空飛ぶおやじのスローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる